好きなことをぐだぐだ語るだけ。

自担の好きなところ。(+お知らせ)

唐突ですが髙地くんの好きなところあげてもいいですか!!!!

\いいですよ〜〜(空耳)/

異論は認めません!!!()こうちくんめちゃくちゃかっこいいが最近の口癖です。(どうでもいい)

 

1.笑顔

本人もチャームポイントだとか特技だとか()仰せの通り、彼の笑顔は素敵です。私は大好きです。この笑顔を見て担降りしたと言っても過言ではないので。

元々私、顔をくしゃっとさせて笑う人が好きな傾向があるみたいで歴代自担も共通点が無いようで2人とも顔をくしゃくしゃにして笑うタイプの人だという事に最近気づきました。(笑)

 

2.特技がサッカー

サッカーを小さい頃からやっていたと知った時に優吾くんへの愛がカンストしました。(大袈裟)

家族がJリーグのあるチームを応援していて、弟もサッカーをやっていて、昔好きだった男の子がサッカー部だったのが極め付けだと思うんですけど(笑)サッカーが好きなんですよね、勿論見る専門ですが(笑) 野球より専らサッカー派です。フィールドを駆け回り、ボールを繋いでゴールを決めるあの感じ。最高です。(?)

ジャニーズ運動会やジュニランの企画でもサッカーで活躍していて、もっとサッカーをやっているところをみたいなぁって思ってます。カムバックガムシャラ!!!()

 

3.めちゃくちゃかわいい

えっ可愛くないですか!?!?!?(盲目)

1つ1つの仕草とか笑顔とか髪の毛とかお目目とかみんなにいじられる時とかしゅんとしちゃったときとかクイズに正解した時の喜び方とか……えっ可愛いでしょ!?!?(しつこい)

可愛いは作れるらしいけど彼の滲み出る可愛さは作れません。いやー、かわいい。育ちがよかったんだなありゃ。お父様お母様産んでくれてありがとう…(愛が重い)

 

4.誰よりもジャニーズオーラが圧倒的に低いところ

 圧倒的一般人感。(褒めてる)

チャラチャラしてない訳でもないし、私服はモロジャニーズさんだし、バックはジャニーズ持ちをしているけれども、あのなんとも言えない男子大学生感。大学生じゃなくてもう社会人だけど。多分私道端ですれ違っても気付かないと思います。()その素朴で染まってない感じが好きです。

 

5.しっかり周りを見れるところ

周りをみて、空気を読んで*1行動をできる、気を遣えるところが好きです。メンバーにも『髙地は周りを見てSixTONESの調和を保ってくれてる』と言われていたり、おじいちゃんと呼ばれるだけあってちゃんと最年長の仕事をしてる、っていうのを自分発信ではなくメンバー、周りから言われるっていうことはそれだけちゃんと立ち回れてるからこそ。成長していて嬉しい限りです。(誰目線)

 

6.(いい意味で)バカなところ

馬鹿と天才は紙一重…ではなく(笑)5番と被りますが、周りのテンションに合わせて全力でバカやれる人は本当にかっこいいと私は思います。最年長だろうがなんだろうがバカになるときは一緒に楽しんでいるのが1番見ていて楽しいです。のび太くんとかかびるんるんとか()*2結局ノリノリでやっているのが素敵だなって思います。

 

7.家族が大好きなところ

 少年たちの秘密でも言っていたように、本当に家族が好きなんです。小さい頃、二個上のお兄さんと一緒にやりたくてサッカーを始めたり、お母さんの料理がやっぱり1番だったり。良い家庭で育ったのが滲み出ていて早く家庭を持ちたいって各所で言っているのがすごいわかる気がします。優吾くんのお兄さんには優吾くんの髪の毛をメッシュにしてくれた恩があるので菓子折りを贈りたくて堪りません。ご連絡お待ちしてます。()

 

8.黒目がちな目

 黒目がちというかほぼ黒目。カラコンかなって思うくらい黒目。なにあれ子犬なの?ウルウルしてて凄くかわいい。あんなに黒目って大きい人いるんですね?ってくらい。(当社比)(何処と比べた)

そんな目を線にして笑うのがもっと好き(既出)。北斗が豆柴なら優吾くんはトイプードルみたいな。そんな感じ。()

 

9.周りに愛されているところ

SixTONESからも、なんだかんだみんなおじいちゃんだのダンスやれだのなんだのって言ってますけどゴールデンレトリバー(ジェシー)はすっごい懐いてるし*3、しっかりしてるところもある反面、抜けているところも多いのでそこをフォローしてくれるのも愛だと思ってます。SixTONESだけに限らず、SnowManの阿部くん、佐久間くんやHey!Say!JUMPの八乙女くん、SexyZoneの中島くん、菊池くんだったり。これまでお世話になった先輩方や後輩たちみーんな『髙地はいい奴』って言ってくれています。『スクール革命!』でも内村さんを筆頭に、スタッフの方々にも愛されてのびのびと収録が出来ているみたいです。クリエにスクール革命のスタッフさんがわざわざ見に来てくれて褒めてくれたり、大学の友達が2年連続、ましてや今年はもう社会人のはずなのに日生劇場まで来てくれて舞台を観劇してくれていたり。今年の日生にはご両親とお兄さんも来てくれていたり。それだけ愛してくれて、成長を見守ってくれている人が周りにたくさんいるからこそ、私たちファンに愛を振りまいてくれているんじゃないかと思います。誰からも愛されるのって難しいけれど、関わった人から悪口を聞かないというのは優吾くんの自慢できるポイントだと私は思っていて、好きなところです。

 

10.努力家なところ

前々から何事にも頑張るタイプでしたが、ここ数年、いや『SixTONES』というグループ名がついてからの彼の努力っぷりは前の彼とは別人に思えるほどです。ダンスが苦手で、いつも少クラを見ていても1人だけ間違えていたり、シンメの振付をチラ見(ガン見)しながら踊っていたり、、、。見ていてこっちが恥ずかしかったり、他担の友達にバカにされたりして悔しかった時期でもありました。しかし、『SixTONESの髙地優吾』になってからメキメキと上達していき、間違えなくなったなぁとすごく感じます。ダンスだけでなく歌であったり、ベースだったり、バク転ができるようになったり、スクール革命での発言が多くなったり、と努力が日の目を浴びるようになったのが嬉しいです。やっぱりグループ名を貰ったのが転機になったのかなぁ。グループ名を売って『デビューしたい!』という欲が前面に出て前とは違う貪欲感、前のただただ若いだけのオラオラ感ではないオラオラ感(語彙力)が出ていて生き生きしていて見ていて楽しいです。バク転ができるようになったと聞いた時は本当に涙が出るほど嬉しかったです。突然バク転はずるいよ…好きだよ…アクロバットの練習してるのは知ってたけど…ずるいや…

 

まだまだあるけど凄く長くなってしまったのでこのくらいで。(笑)

 

 

 

 

 

そしてお知らせ。こっからは真面目な話。

ツイッターの方なのですが、あんだけ前回の記事でログアウトしませんとか言ってたけれどログアウトしました。しれーっと何も言わずに。(笑)友達にパスワードも変えてもらったので入ることができません。なので一切見てません。センターまであと60日。成績が全然伸びなくて焦ってて、まだ第一志望校の模試の判定で現段階でE判定しかとったことがありません。精神的に凄く追い詰められていて、ツイッターやらなんやらを見ていたらダメだなって自分でも思いログアウトしました。正直もう辛い。周りの子がどんどん推薦やらなんやらで決まっていくのを見ているのが辛いし、その子たちが遊んでるのを見てるだけで自分は遊べないのも辛いし、現場のレポが流れてきてもどんな感じなのか一切わからないし、自分は行けないっていうのが凄く悔しくて見てられませんでした。気持ちが弱いのは知ってます。今まで嫌なことから全部逃げてきたのもわかってます。でもあと2ヶ月しかないんです。ここで頑張んなかったら一生後悔するよって言われてハッとしました。なので受験前のブログの更新もこれで最後にします。

笑顔で胸張って帰ってこれるように精一杯頑張ります。少しだけでいいので応援しててください。ではまた全部終わったら帰ってきます。その時まで待っていてください。では!

 

2016.11.15 くるぶし

 

*1:読めてるかは置いておいて

*2:2016年ジャニーズ銀座SixTONES公演内MCにて突然始まったごっこ遊びの配役

*3:犬ネタ引きずってる