読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
好きなことをぐだぐだ語るだけ。

アカウント開設しました。

遂にツイッターのアカウントを開設しました。

友達ほしいなあって思って開設しました。(動機)

よければフォローしてください。

 

@kurubushi_38

改名しました。

くるぶしです。フィーリングです。(雑)

 

ではブログ共々ツイッターのほうも宜しくお願いします。

木曜日

私にとって木曜日は大好きな曜日です。

ちいさい頃から楽しみに通っていた英会話も、

大好きだったVS嵐、ヒミツの嵐ちゃんの放送日も、

そして

ヨコヒナのヒルナンデス、ヨコヒナ、マルヒナのレコメンの放送日も。

 

ヨコヒナのヒルナンデスはそんなに回数見れてなかったけれど見れるときはいつも楽しみに見ていて。

木曜レギュラーのみんなの仲のよさが凄く伝わってくる放送で大好きでした。

正直昨日の放送でジャニーズWESTの中間君、桐山くんがレギュラーになるって発表されたとき、不安になりました。もしかしてヨコヒナが卒業で・・・って。

今日の放送を見ていたとき、横山さんにあまり元気がないなぁ、ヒナちゃんがやけに喋るなぁと感じていて、ミトちゃんがCMの後に大切なお知らせです。といった時に察しました。あぁ、これはどちらかが卒業するかなんかだなと。

案の定、ひなちゃんの来週での卒業が発表がされました。

やっぱり納得ができなくて。好きなんですやっぱり。

ヒナちゃんと横山さんが二人で並んでテレビに出ているのが好きで。

渋谷担だったからかなんなのかわからないけれど、ヨコヒナが並んでると安心するというか、安定感があるというか。言葉にするのは難しいけれど、『ホッ』とするんです。

再来週からは見れないのが悲しくて。悲しくて。

涙が止まりませんでした。

そんな今日は、マルヒナのレコメンは最終回です。

今聞いてます。

さっきから涙が止まりません。

横山さんの卒業の時はレコメンを聴いていなかったので『卒業』を体験するのは初めてです。

丸ちゃんになってからラジオを聴きながら作業をするのがすきで、この時間が好きで。

なのに来週からはひなちゃんは残るものの、『マルヒナの』レコメンは今日で最後です。

まるちゃんひなちゃんの雑談。定食屋やカツカレー屋さんの話や、きわどい下ネタ。笑

来週から聞けなくなるのが虚しくて、悲しくて。

今日は悲しみに溺れている一日でした。

 

悲しいねえええ。なんだろうこれ。

自分卒業式とか泣かない人なんですよ。ライブでも滅多に泣かないし。

なのに一日に二回もエイトのことで泣いて。

情緒不安定なのかな。笑

 

エイトの後任がすべてジャニストの中間くん、桐山くんってことに事務所大丈夫かなあと不安に思っています。彼らはきっと関西色をこんなに前面に出さなくても個々の力がきっちりしているから大丈夫だと私は思うんです。なのにこうしてエイトとセットにして売っていくのが他担ながら心配で。友人が『ジャニストとエイトはハッピーセット』って言っていたのが妙にしっくりきて。もはやここまできたら二番煎じにしか見えないんですよ。3年目って大事な時期に同郷の先輩が開拓した道を先輩の後を追ってるようにしか見えないんですよね。エイトも今のままでいいのかなっていうのはあります。安定していることがどれだけいいことなのかはわかっているつもりです。でも、新しいことしていかないと。両方のグループに共通して言えることは『現状打破』だと私は思います。ジャニストは違う路線を探したり、違う道を見せていくこと。エイトは『関西のおもしろいおにいちゃん』で終わらないこと。これがこれからの課題なのかなって。

凄く個人的なこというとレコメンはエイトメンバーでやってほしかったし、ヒルナンデスはヒナちゃんが卒業するなら横山さんも卒業してほしかったな。

 

なにはともあれ、春は別れの季節でもあれば出会いの季節であるのでまたいい報告が聞ければいいなって思ってます。

また私が好きな木曜日になればいいな。

 

 

そうじゃないでしょ こんなもんじゃない

負けたままで進むの?

持ってるんでしょ 描いてやりゃいい

黒を白で塗りつぶせ

きっと僕は変わるんだ

Forward/村上信五

 

 

13月を探しに。

我が軍SixTONESが13月を探しに帝国劇場から飛び立つようです。(訳:ジャニーズワールドへの出演が決まりました。)

いやーまさか全員で出るとは思ってなかった。
みんなが思ってるだろうことを先に言ってもいい?
\申し込んでねぇよ!!!!!!!/
(携帯投げてソファに飛び込んで泣くくらいにキレてました)

またダブルダッチだしね!樹と大我ちゃんはともかくジェシーって未経験よね!どうするんだろうって毎日思って生きてます(そこかよ)
でもジェシーちゃんはやれる子なのできっと完璧にこなすんだろうなぁ…一番心配なの…自担だわぁ…(笑)

チケット1枚も確保できてないし、行ける予定も立ってないけどとりあえずSixTONESでの仕事がまた来たことに喜ぼうと思います。もうすぐ初日。また1ヶ月くらいかな?舞台の日々だけど、どうか体調と怪我だけには気をつけて走り切ってほしいと思います。

帝国で13月見つかるといいね!!!!

6種の音色

突然のユニット名発表。

衝撃以外の何者でもなかった。

自分の好きな子達が突然再集結されていたのはうれしいことであった。

毎週の少クラに6人で歌を歌ってくれていて、何度繰り返し見たものか。

クリエ公演も1人が違うお芝居の稽古で出れないことが決定していたが

『6人で公演を作った』

などと雑誌で話していたところから、なぜ私は落選したのか気を病んでいた。

しかし初日公演には稽古でこれないはずであったメンバーが途中参加という形で参加していた。

6人の本気具合やこの公演に賭けているところでもあるのではないかとさえ思わせた。

私はやはりその場に行けない事に気を病んでいた。

セトリが発表されるや否や我がリア恋枠が自担のしかも私が一番好きなソロ曲をカバーしたと知り、自室で大号泣した。(笑)

次の日もレポがTLに流れてくることが嫌で嫌で仕方なかった。

リア恋枠のファンサやその日の言動を見るのが嫌で嫌で仕方なかった。

 

 

そこに飛び込んできた突然のユニット名。

何を言ってるのかわからなくて一旦見なかったことにしてしまった。

もう一度見ても同じことをいろいろな人が呟いており、やっと本気にしたくらいだ。

その日はたまたまいつも一緒に現場に行く松村担と会えた為話をしたところ

そのことを知らなかった彼女は大喜びで

『二人でリリイベに行く日がまた一日近くなったね』

と言った。

その言葉によってやっと理解できて飲み込めたのかもしれない。

心にやっと整理がついたのはその後のフォロワーさんたちとのご飯会であった。

そのフォロワーさんたちとは何度も会っていて私が一方的に大好きで大好きで仕方がない人たちで、同じ県に住んでいることもあり担当も年齢もばらばらな3人で数回ご飯に行ったりしていた。

どうやら二人は私がここ最近病んでいて()そしてその発表も知っていたため心配されていた。

大好きな人がやっとユニット名がもらえたことを私はどうすればいいのか話したら

まあデビューはまだだろうけどおめでとうと祝福された。

単純にうれしかった。

デビューがまだなのは自分でもきっとそうだと思っている。

まだそのときではない気がする。

ユニットを正式に組ませてもらえたということは

この先なにもなければこの6人でデビューができるという言うならば保険をかけてもらえたようなものなのだ。

やっとの思いでここまで整理できた。

そして思ったのは、

『ここからが勝負なのだ』

ということだ。

 

やはり上には上がいるものでデビューできずにずーっとジュニアって年でもないのにジュニアとして活動してきている人たちが少なからずいる訳で。

そのグループにも負けない個性を出していかねばならない。

そしてなによりもここまでこぎつけられたのは6人が6人なりに最初に集められたときより一人ひとり成長してきたことにもあると思う。

ならば、それを今のままで満足せずに、これからも向上心をもって

尚且つ、6人でもできるんだというところを見せていかねばならないと思った。

良い例がきっと京本大我が出演する舞台となるだろう。

そう、ねがっている。

 

事務所からもらえた『six tones』

6つの音色と言う意味。

6つの音色をきれいなハーモニーにするのも、不協和音にするのも彼ら自身だ。

ファンである私たちは彼らの足を引っ張らないように、名を汚さないように、

7つ目の音を奏でられるようなそんなファンでありたいと私は思う。

音階は7つでひとつの区切りとされる。

7つの音を心地よい聴きやすい音色にできるよう、

私は彼等と共に歩んで生きたいと思う。

焦らず、ゆっくりと。

開設につき。

 

普段は140字の世界で独り言をぽつぽつと呟いております。

 

自分の思ったこと、考えたことを纏めておく手段として開設致しました。

 

文章を書くことは得意ではありません。

 

現場に行った際のメモ書きだと捉えてらえると幸いです。

 

書きたいときに思ったことをかける場所にしたいと思っております。

 

よろしくお願いします。